あなたの探していたのはこれだった?

子育て

出産の為の入院準備 冬の場合。退院時の赤ちゃんの服装やママは何を着る?

投稿日:2017年11月29日 更新日:

スポンサーリンク

出産の為の入院準備 冬の場合。退院時の赤ちゃんの服装やママは何を着る?

出産入院準備は、産院からの準備品リストの他に、出産する季節によってあったら良い物があります。今回は冬に出産をする場合にあると便利な物について実体験をもとに記事にしました。

スポンサーリンク

出産の為の入院準備 冬の場合

赤ちゃんがいつ生まれても大丈夫な時期を一般的に正産期と呼び、妊娠37週0日から41週6日までのことです。入院準備はこの正産期に入る36週までに揃えておいた方が安心です。入院準備品については、出産される病院がリストをくれるのが一般的です。
我が家には3人の子供がいまして一番上の子が2月生まれです。2月の末頃が予定日で予定日ぴったりに生まれてきました。私は住んでいるところが新潟なので、2月の末は真冬。出産前も出産後も毎日寒かったです。2月生まれの赤ちゃんを出産する時に入院準備品としていらなかった物とあって良かった物をご紹介します。

産院はかなり快適で暑いくらいでしたので、寒さ対策として出産前に着ていたあったか素材の出産後も着られる授乳口付きのタートルネックは持ってい行ったけど不要でした。私が一人目を産んだところはパジャマ、タオル類も産院の物を使用でき持ち物は少なかったです。その中でもあって良かったものは厚手の靴下で長めのものです。産院は快適と言えども、いざ出産を迎える時は、下半身は何も見につけられません。私は冷え性でいつも足が冷たいのですが長めの靴下があって足が冷えずにすみました。二人目は夏なので別の記事で今後紹介しますが、3人目は11月の出産でした。冬ではなかったので靴下はくるぶしまでのスニーカーソックスを履いていました。真冬じゃないし寒くないだろうと思っていたら足が冷えて、なかなか良い陣痛がきませんでした。足の冷たさに気が付いた助産師さんがフットバスを用意してくれて足を温めたところ一気に陣痛が加速してそこから1時間かからずして生まれました。

足のくるぶしには三陰交という陣痛を促進するツボがあり、そこを温めることにより陣痛が加速。真冬は特に足が冷える人も多いと思いますので、陣痛促進のためにも厚手で長めの靴下やレッグウォーマーがあると良いです。また、カイロもあると良いですよ。腰を温めて陣痛の痛みを和らげたり、三陰交を温めての陣痛促進にもなります。ぜひ、真冬の出産リストに加えていただければと思います。

スポンサーリンク

出産後退院をする時赤ちゃんの服は冬ならどうする?

入院中の赤ちゃんの肌着や服は産院で用意してくれる場合が多いでしょう。私は3人産んで3人とも違う産院でしたが、3つとも赤ちゃんの肌着と服は用意してありました。ですので、入院準備品として入院中の赤ちゃんの衣類は必要ないことが多いでしょうが、退院時の赤ちゃんの服装はどうしたら良いでしょうか?ベビードレスを準備している方もいらっしゃると思いますが、寒さが厳しい場合、赤ちゃんにとって正直きついかなと。私は2月の末に産んで、3月の初めの週に退院しましたが、雪が降った寒い日でした。赤ちゃんには冬用の短肌着に上からコンビ肌着を着せ白いカバーオールを着せました。そしておくるみ代わりのフリースのハーフケットでくるんで退院しました。長肌着も準備していたのですが、なんだか足が出てしまい寒そうだったのでコンビ肌着に変更しました。家でもあまり着せなかったの長肌着はいらないかなと私の場合ですが思いました。

また、冬用のおくるみは買ってまで必要ないと思います。退院後にお祝いで冬用のおくるみを頂いたのですが、先ず、赤ちゃんを抱っこした状態で真冬に外に出ない。一か月検診の時も車に乗せるのでおくるみではチャイルドシートに乗せられない。頂いていて申し訳ないのですが、あまり出番がなかったです。退院する時の赤ちゃんの服装は厚手のカバーオールにハーフケットで十分でした。ハーフケットの方が後々使い勝手が良かったですよ。退院後、家に行くのは車でしたがチャイルドシートに寝かせ、ハーフケットをかけていました。

出産後の退院する時の服装は冬の場合ママは何が良い?

赤ちゃんを産むとお腹の大きさはどうなると思いますか?私は赤ちゃんが出たのだからすぐにペタッとへっこむと思っていました。以前、皇室の方が出産されたとき退院時にスーツを着ていたのをテレビで見た記憶があったので、出産後はすぐにお腹がへっこむものだとばかり思っていました。実際出産してみてどうだったかと言うと、出産前よりは小さくなりましたが、それでも6か月くらいのお腹でした。私の場合お肉もだいぶついていたので(´・ω・`)

退院用に用意していたのは、普通サイズのスカートでした。入院時に来ていたマタニティ用のワンピースは入院中に家族に家に持って帰ってもらっていたので、いざスカートをはいてみてびっくり・・。ウエストを上の方まで何とか持っていきどうにかこうにかはきました。退院時のママの服装は季節に関係なく、マタニティ用とまでは行かなくてもゆったりした服がおすすめです。家に帰ってすぐ授乳が出来るように授乳口がついているタイプだと、赤ちゃんを待たせずに良いと思います。今思えば皇室の方は出産後、退院する時にぎゅっとお腹をしめてスーツを着ていたんだなと想像してしまいました。

出産の為の入院準備 冬の場合。退院時の赤ちゃんの服装やママは何を着る?のまとめ

〇産院は暖かくて快適なので冬用のママの肌着はいらない
〇足が冷えると良い陣痛が来ないこともあるので厚手の長い靴下が必要。
〇赤ちゃんの退院時の服装は冬用の短肌着+コンビ肌着+厚手のカバーオールを着せてハーフケットでくるむ
〇冬用のおくるみはあまり出番がないので買うまでもない
〇ママの退院時の服装は授乳がしやすくゆったりしたものを準備

特に初めての出産だと、何を準備したらと悩みますよね。また二人目、三人目だとしても季節が違うと必要な物が違ってきます。冬に出産予定の方に参考にしていただければと思います。

冬生まれの出産準備についてはこちらの記事もご参考になさってください。

スポンサーリンク

-子育て
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

プロフィール

こんにちは!Koredaです。

1女2男の母。自称Webデザイナー。気づいたことやってみて良かったこと、主に子育てネタや生活ネタの記事を書いています。
プロフィールページへ

医療費控除まとめ ふるさと納税まとめ

よく読まれている記事

よく読まれている記事
最近の投稿

カテゴリー

カテゴリー