あなたの探していたのはこれだった?

子育て

5歳の男の子に絵本を読んであげるなら おすすめは? パート3

投稿日:2017年9月10日 更新日:

スポンサーリンク

男の子は、冒険やいたずら、そしてお化けや不思議な生き物がが大好き!そんな我が家の5歳児が大好きな絵本を集めてみました。

スポンサーリンク

おばけのバーバパパ

著者:アネット・チゾン、タラス・テイラー 訳:山下明夫 /出版社:講談社 /ページ数:32ページ

もう、誰もが知っているといっても過言ではないですよね。発売は1972年と、今から45年以上も前の絵本です。フランスらしい、ステキな配色の絵本です。この本は人気シリーズの第一作目。バーバパパ誕生の秘密が描かれています。

生まれた時から、「パパ」なのです。登場人物のフランソワという男の子の家の庭で生まれました。バーバパパは最初は動物園に入れられてしまいます。でも、そのあと町で起きた火災で大活躍したり、逃げた動物を捕まえたり・・。

バーバパパは形が自由に変えられるので、いろんな物に変身します。息子もこの変身シーンが大好きなようで、他のシリーズの変身部分もじっくり見ています。

この本では、まだバーバパパしかでて来ませんが、「バーバパパ たびにでる」では、バーバママが登場します。まさか、あんなところにバーバママがいたとは!そして、子供たちが生まれ・・。息子は動物好きの黄色いバーバズーがお気に入りの様です。

おばけのバーバパパ [ アネット・ティゾン ]

めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス

著者:せな けいこ  / 出版社: ポプラ社 / ページ数:32ページ
おばけといっしょに、めがねうさぎがサンタクロースの代わりをするお話です。貼り絵の絵本でおなじみのせなけいこさんの絵本です。お化けを怖がるお子さんもいらっしゃるかと思いますが、この本に出てくるのは可愛い感じのお化けなので、大丈夫かなと思います。

主人公のめがねうさぎ。目が悪いのでメガネをかけているのですが、良くメガネをなくします。私もメガネをかけていて、息子によく外され、なくされます・・。めがね=お母さん。こんな図式が息子の中にはあるようで、本を読みながら「お母さん、みたい」と言います。

ウサギなのにめがねをかけている、とう設定が息子に受けているようですね。他にもシリーズが出ていて、「めがねうさぎ」ではおばけと一緒に森にメガネを探しに行きます。夜の森は怖いようで、何か不思議なことが起こるようなワクワクする感じ。冒険好きの男の子にお薦めです。

スポンサーリンク

めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス [ せなけいこ ]

とっておきのカレー

著作:きたじま ごうき 出版社: 絵本塾出版 ページ数:32ページ

息子がカレーが大好きなので、図書館で見つけて借りてきた本です。カレー好きのおじさんが営む一軒の山小屋、そこへ子供たちが泊まりに来ました。おじさんは子供たちに不思議なお客さんのお話をしてくれます。

次から次へと山小屋へは変わったお客さんがカレーを食べにやってきます。そして、カレーを食べさせてくれたお礼に、何か置いていきます。そのお土産をカレーに入れて、そして、また次に・・・。さーて、カレーには何が入っているのかな?ちょっと不気味なところが息子のお気に入り。

もしかして、今子供たちが食べているカレーにもあれが!?と読んでいてぞわっとする場面もありますが・・。「お母さんのカレーには何が入っているの?」「それは秘密です。」カレーの匂いがプーンと漂ってきそうな一冊です。

とっておきのカレー [ きたじまごうき ]

まとめ

不思議なもの、未知なもの、探求心が旺盛な男の子にお薦めの本のご紹介でした。

スポンサーリンク

-子育て
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

プロフィール

こんにちは!Koredaです。

1女2男の母。自称Webデザイナー。気づいたことやってみて良かったこと、主に子育てネタや生活ネタの記事を書いています。
プロフィールページへ

医療費控除まとめ ふるさと納税まとめ

よく読まれている記事

よく読まれている記事
最近の投稿

カテゴリー

カテゴリー