季節のいろいろ

さいかい産業のペレットストーブの評判は?温かさや10kgのペレットでどれくらい燃焼可能?

投稿日:2017年11月25日 更新日:

スポンサーリンク

さいかい産のペレットストーブの評判は?温かさや10㎏のペレットでどれくらい燃焼可能?
さいかい産業のペレットストーブのレビュー記事です。2013年の11月から使用しています。新潟のさいかい産業の輻射式のペレットストーブを実際に使ってみての感想です。

スポンサーリンク

さいかい産のペレットストーブの評判は?

2013年に我が家は一部増改築をしました。以前にふらりと入った住宅展示畳で薪ストーブで家全体を温めているのを体感してその温かさに惚れ込み、リフォームの際は薪ストーブ!と思っていました。しかし、その後いろいろと調べていくうちに、我が家の場合薪ストーブは現実的ではないなと思い断念。でも、火を見ながら温まりたい!という思いが捨てきれず、ペレットストーブにたどり着きました。

そして、なんと国産のペレットストーブが新潟県で作られている事を知り、増築した新しい部屋の暖房器具としてさいかい産業の小型ペレットストーブ、MT-311 SUMITA を設置しました。置いてる部屋は木造の新築で7.5畳。窓ガラスはペアガラスです。MT-311 SUMITAの後継機種として現在はRS-miniが販売されています。

RS-miniの一番の改良点はペレットのタンク容量ではないかと思います。MT-311 SUMITAのタンク容量は9.5kg。通常ペレットは1袋10㎏で売られているので全部入りません。500gが袋に残ってしまいます。その他の点はMT-311 SUMITAとRS-miniは外観的にも公式ホームページを見た限りではスペック的にも大差ないと思いますので、RS-miniの購入をご検討されている方にも参考にしていただけたらと思います。

まず、見た目について。ジブリの映画にでて来そうですごくかわいいです。天板でお湯も沸かせます。当時発売されていたSSシリーズが非常に工業製品ぽくて嫌だったので、MT-311 SUMITAをカタログで見て一目で気に入りました。ペレットストーブにしては小ぶりなサイズなので6畳間におけます。外寸は横40センチ奥行43センチ、高さ80センチ(排気口除く)です。RS-miniはMT-311 SUMITAよりも横幅が1センチ大きいです。設置したのは7.5畳間でちょうど良いサイズでした。15畳くらいまでは暖房できるそうです。設置工事に来たさいかい産業の方によれば、7.5畳間であればペレットの出力を最大にして使うと熱いぐらいだと言っていました。確かに、部屋が温まってくればペレットの供給量は小から中で十分です。

着火の仕方は手動です。イタリアなどの海外メーカーのペレットストーブは自動着火が主ですが、さいかい産業のペレットストーブは手動です。

なぜ手動着火システムなのか?

自動着火の場合
・着火時に数百Wの電気を使用
・着火時にペレットが燻る煙が大量に発生
・着火失敗する可能性がある
・着火失敗時はマイコン制御により、再着火作業を繰り返すため、数十分も待つ
手動着火システムなら
・消費電力が少ない(常時90W程度)
・煙はほとんど発生しない
・必ず着火できる(1分以内の着火可能)

出典:株式さいかい産業公式ホームページより

スポンサーリンク

手動着火ってめんどうくさくないの?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。でも、やってみると簡単ですよ。着火剤にライターで火をつけ、ペレットストーブの燃焼ポッドの中へおきます。着火剤の火が安定してきたら、電源スイッチをいれペレットを少量づつ落としていきます。扉をそっと閉めます。この火をつける瞬間が私は好きです。アナログ感がたまりません。

さいかい産のペレットストーブの評判は?温かさや10㎏のペレットでどれくらい燃焼可能?

掃除も思ったほど面倒ではなく、着火前に残った灰を取り除きます。灰の量は薪ストーブと比べて少ないです。これは半日くらいペレットの供給量を小にしてこの量です。

掃除が大変かなと思いましたが慣れてくるとものの5分で掃除完了です。ペレットストーブの管理はほぼ私です。夫はあったかいねーとくつろぐ専門です。

ペレットストーブの暖かさについて

さいかい産業のMT-311 SUMITAですがつけてすぐには部屋は暖まりませんので最初はエアコンと併用しています。また、SSシリーズと違って輻射式なので温風は出ません。ですので、空気の対流が少なくペレットストーブから離れた場所や足元は寒いです。サーキュレーターをペレットストーブの横に置き、斜め上に向けています。こうすると部屋の空気が循環され、天井にあった温かい空気が足元まで来ます。

輻射式のペレットストーブを使う時はサーキュレーターの使用をおすすめします。
送料無料リモコン サーキュレーター 上下左右首振り プラスマイナスゼロ プラマイゼロ おしゃれ◇送風機 リモコン付き【smtb-F】 F
また、ペレットの天板におくタイプのもので、天板が暖まると回り出す電源がいらないファンもあります。
カフラモ エコファン エアーマックス [ 81210 ] ≪暖炉・薪ストーブのお店≫[薪ストーブ 販売、薪 ストーブ 関連用品(薪ストーブアクセサリー)][ ファイヤーサイド fireside ]

部屋が暖まるまでは1時間ほどかかりますが、一度暖まれば輻射式特有のじんわりとした体の芯から温まる感じです。日向ぼっこをしているような暖かさです。部屋を一気に暖めるコツとしてはペレットの炎が安定してきたらペレットの供給ダイヤルを中と大の間くらいにします。ダイヤルを大まで回さなくても炎は大きいです。1時間ほど大きな炎で暖め、サーキュレーターを回すといい感じに暖まってきます。体の芯から温まるので、部屋が暖まってからは7.5畳間ですとペレットの供給ダイヤルは小から中で十分だと思います。設置当初はペレットがもったいなくて着火してからもペレットの供給ダイヤルは小のままにしていました。でもこれだとなかなか暖まりません。輻射式のペレットストーブはまず最大火力で暖める方が効率が良いです。

ペレットストーブは10kgのペレットでどれくらい使えるの?

ペレットストーブの燃料である木質ペレットは10㎏袋で売られています。新潟県内だとコメリやムサシなどのホームセンターで売られています。10㎏でどれくらい燃焼できるのか、カタログの数値ですと、ペレットの量が最小出力で24時間。最大出力だと12時間は燃焼します。

我が家の場合は、着火から1時間程度は中と大の中間くらいのペレット供給量で、その後は小から中にしているので、1日9時間ほど燃焼させて10㎏袋が3日で無くなります。使い方にもよるので誤差はあると思いますが、新潟の真冬でこれくらいです。1か月に10㎏のペレットを10袋くらい使います。1袋600円です。1か月6,000円かかっています。7.5畳の部屋一部屋を暖めるペレットの量です。シーズン初めの11月や4月外気温が12、3℃ある時はもう少しペレットの量は少なくてすみます。

追記:今シーズン初めのころは前シーズンの残りのペレットがあったので、それを使っていました。最近ストックが無くなったので、買いに行ったことろホワイトペレットで572円/10㎏/袋でした。

さいかい産のペレットストーブの評判は?温かさや10㎏のペレットでどれくらい燃焼可能?のまとめ

さいかい産業のMT-311 SUMITA、買って良かったか?答えはイエス!手間はかかりますが、ものすごく取り扱いが大変と言う訳ではなく、掃除も簡単です。何よりも火のある暮らしが実現できたことがうれしいです。設置している部屋は普段使っている部屋ではなく、リビングやキッチンなどはガスのヒーターを使用しています。田舎なので家は大きく部屋がいっぱいあります。ですので、憧れの全館暖房はかないませんが(コスト的に)、でも一部屋でもペレットストーブを置けて満足です。

火のある暮らし、癒されます。ペレットが落ちるカラン、カランと言う音が私は好きです。

その他ペレットストーブの関連記事はこちら▽
ペレットストーブのメンテナンス費用や耐用年数は?
ペレットストーブの煙突掃除。シーズンオフのメンテナンスのやり方。

スポンサーリンク

-季節のいろいろ
-,

執筆者:


  1. スズキ ヒデミ より:

    昨日スト-ブいれてもらいました暖かさに感動しました.一日ハッピ-な気持ちで朝を迎えました.もっと早く購入すればよかったネと妻とも久しぶりに会話も弾みました有難うございました。

    • Koreda より:

      スズキ ヒデミ様
      コメントをお寄せいただきありがとうございました!めったにコメントを頂くことがないので、読んでくれている方がいるんのだと大変嬉しく思います。
      ペレットストーブを購入なさったのですね。奥様との会話も弾まれたようで何よりです!
      ペレットストーブの輻射熱はじんわりと陽だまりのような暖かさで私も大好きです。決して便利な暖房器具ではありませんし、手間もかかりますが何よりもその暖かさと、炎の癒しが最高です!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

プロフィール

こんにちは!Koredaです。

1女2男の母。自称Webデザイナー。気づいたことやってみて良かったこと、主に子育てネタや生活ネタの記事を書いています。
プロフィールページへ

医療費控除まとめ ふるさと納税まとめ

よく読まれている記事

よく読まれている記事
最近の投稿

カテゴリー

カテゴリー