あなたの探していたのはこれだった?

生活

ふるさと納税ワンストップ 受付書が届かない?受理や控除の確認方法は?

投稿日:2017年10月11日 更新日:

スポンサーリンク

ふるさと納税ワンストップ 受付書が届かない?受理や控除の確認方法は?
確定申告をする必要がないサラリーマンが5箇所以内の自治体へふるさと納税をした場合に使える制度がワンストップ特例制度です。ワンストップ特例制度を利用して住民税の控除を受けるには各自治体に申請する必要があります。ふるさとチョイスさとふる楽天市場などのネット経由でふるさと納税をしたのに、自治体から連絡が来ない・・。ふるさと納税の受付書はいつ届くのでしょうか?本当に納税されているかどうか不安ですよね。昨年、我が家は5自治体に寄付をしました。その時の受理確認の方法など実体験をまとめました。

スポンサーリンク

ふるさと納税ワンストップの受付書が届かない?

我が家は昨年、楽天で5自治体にふるさと納税をしました。ネットで買い物をする感覚で手軽に納税出来てしかも返礼品をいただけるなんて!そう思っての初めてのふるさと納税でした。もともと確定申告の必要が無く、ふるさと納税をした自治体が5自治体以下だったので、ワンストップ特例制度(関連記事:ふるさと納税は確定申告必要?ワンストップ特例制度の流れは?年末調整で還付?)を利用しました。

注文画面でワンストップ特例制度を利用するにチェックし(自治体によります、そのような表記が無い場合もあります)、支払いはクレジットカードを使用。夫の冬のボーナスが入ったので、年末年始に食べる何か美味しい海産物をと2016年11月30日(水)の夜に申し込みをしました。

申し込み後すぐに、楽天の自動返信メールが届きました。5自治体中4つの自治体が、次の日、12月1日(木)の朝に「納税のお申込み受付とお礼」と言ったような内容でメールが届きました。一番遅くても申し込みから二日後の12月2日(金)の朝にはメールが届きました。

実際に届いたメールの内容で書類や返礼品の送付時期についての説明です。
(2016年12月の情報です。)

受領証明書については入金確認後発送いたします。
返礼品については入金確認後、2週間程度で取扱業者より発送させていただく予定です。
到着日、時間を指定の方はその日時、時間帯に発送させていただきます。
今後の流れは以下のとおりです。
・寄附受納証明書の発行⇒すべての方にお送りいたします。
・税額控除特例申請書の送付⇒ワンストップ特例のご要望がある方は市がお送りします特例申請書をご返送ください。
・感謝特典の送付⇒商品の発送準備が整い次第、随時お送りいたします。
尚、お礼の品と書類(寄附金受領証明書やワンストップ特例申請書)は別送です。
書類は、通常、ご寄附いただいた翌週には発送いたします。
お礼の品は、通常、お申し込みから1ヵ月前後のお時間がかかります。
※本町では、発送完了メールは送信しておりませんので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
ご注文いただきました下記商品は14営業日以内には発送いたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。(定期便や配達指定等を除く)
~中略~
なお、お礼の品と書類(寄附金受領証明書やワンストップ特例申請書)は別送です。
書類の発送には1週間程度お時間をいただいております。

【お礼品】

○発送元 : お礼品提供業者

○発送目安: 【1ヶ月以内】   ※お礼品の在庫状況による

【寄付金受領証明書とワンストップ特例申請書(希望者のみ)】

○発送元 : 〇○市役所

○発送目安: 【1ヶ月】     ※クレジット会社から当市への入金確認後

以上のような内容のメールでした。書類や返礼品の発送時期を明記している自治体もありましたが、特に具体的な時期をお知らせしていない自治体もありました。

自治体から受付のメールが届いたので、あとは書類到着を待ちました。

ふるさと納税の受付は各自治体からのメールでちゃんと受理されたかは申し込み後1、2日で確認が出来ました。でも、ふるさと納税がちゃんと受付されたかどうかは書面でもらわないと安心できませんよね。さらにワンストップ特例制度に必要な申請書も自治体の方から送ってもらうように申し込み時にオプションで選択していたので、申請書もいつ届くのか少し不安でした。

なぜなら、通常のネットショッピングとは違うし、申し込み時期が年末だったからです。ワンストップ特例制度の申請書の締め切りが翌年2017年の1月10日必着だったので、年末年始、仕事納めの12月28日までには届くように書類を送りたかったからです。

だったら余裕を持って申し込めばよかったじゃないかと言われたらそれまでですが・・。

私の心配とは裏腹にすぐに、書類が届きました。早い自治体で申し込みから一週間経たずに書面が届きましたよ。仕事が早い!一番遅かったところでも2週間以内には届いていました。どこの自治体からも、お礼状とともに

○寄付金受領証明書(確定申告の時に必要、ワンストップでは不要)
○ワンストップ特例申請書(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)

が同封されていました。その後、申請書とその他必要書類とともに、各自治体へ返信しました。自治体によっては料金後納の返信封筒を同封してくれたところもありました。こちらから書類を送った時期は12月20日頃でした。仕事納めまで割とギリギリでした。

返礼品についてはすべて年内に届きました。遅いところでも最初に届いたメールで入金確認後1か月とありましたが、11月30日に申し込んでクリスマスまでにはすべて届きましたよ。

2017年度分のふるさと納税についての追記はこちら

もしもワンストップ特例制度の申請に間に合わなかったら?関連記事はこちら▽

ふるさと納税のワンストップ特例制度はいつまでに?間に合わなかったら確定申告するの?
年末の駆け込みふるさと納税。カニとかいくらとか美味しい返礼品を狙って12月にふるさと納税をする人も多いと思います。ふるさと納税での税金の控除手続きの方法としてワンストップ特例制度があります。ワンストッ …

 

ふるさと納税ワンストップの受理の確認方法

必要書類を返信したのが、仕事納めギリギリの時期だったので年内には自治体からの書類は届きませんでした。ワンストップ特例制度の申請が受理されたかどうか、自治体から何か書類が届くまでは不安でした。

年が明けて官公庁も仕事始めとなり、1月の中旬頃から下旬にかけてふるさと納税をした5自治体中、4つの自治体からワンストップ特例制度を受理した旨の書類が届きました

結局、一つの自治体からは受理の確認書類は届きませんでした。ワンストップ特例制度の受理の確認書の送付は自治体によるようです。

確認書が届かなくて不安な場合はふるさと納税をした自治体にお問い合わせをしてみて下さい。

ふるさと納税ワンストップの控除の確認方法

ワンストップ特例制度の申請の確認は5自治体中4自治体から書面で届きましたが、実際に住民税から控除されているかはどうやって確認をすれば良いのでしょうか?

寄付による税金の控除を確実にしてもらうには確定申告の方が安心だ、と言う方も中にはいます。ワンストップ特例制度は制度が出来て間もないので自治体で処理に漏れがあったりすると心配の声も耳にしたことがあります。実際控除されてみないと分からない・・。そんな不安もあります。

スポンサーリンク

ワンストップ特例制度を申請して住民税が控除されたかどうかを確認するには、毎年、5月か6月頃にサラリーマンの場合は会社からもらう給与所得に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定通知書(私の住む新潟市の場合です。自治体により書面の名前が違います)で確認できます。

新潟市の場合だとその通知書の「税額」の項目の中の「税額控除額」と言うの項目が市民税、県民税ともにあると思います。市民税の税額控除額と県民税の税額控除額を足した金額が、ご自分が寄付した金額から2,000円を引いた額に近いものであれば、ふるさと納税で住民税が控除されていることになります。

ふるさと納税をした夫の給与の手取り金額が4月から増えている!給料は上がっていないのに!なんで?と夫からの申告により、確認してみたところ、給料が増えたのではなく、天引きされる住民税が減っただけでした。

ワンストップ成功!ふるさと納税万歳!?

ちなみに、この給与所得に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定通知書はいろんなことが分かります。保育料の算定もこの通知書で確認できます(関連記事:新潟市保育料の年収による違いは?三人目が無料になるって本当?)

でも、もし控除されている金額に疑問?があったら、お住いの自治体や寄付した自治体に確認をしてみて下さい。実は寄付できる限度額を超えていた可能性や寄付した自治体の数が6以上だった可能もあります。

ふるさと納税の寄付金額の目安は楽天市場のふるさと納税の特設ページで簡単に出来ますよ。我が家は限度額ギリギリにならないように、少し少なめにふるさと納税をしました。

楽天でふるさと納税をする時の注意点などをまとめた記事はこちら▽

ふるさと納税ワンストップの受付書が届かない?受理や控除の確認方法は?
ふるさと納税のワンストップ特例制度を楽天で。申請書や注文者について。
ふるさと納税をして、税金の控除を受けるには税金控除を申請する必要があります。税金控除をしないと寄付だけで終わってしまうので、必ず手続きをしてください。税金控除の手続き方法は確定申告とワンストップ特例制 …

ふるさと納税ワンストップの受付書が届かない?受理や控除の確認方法は?のまとめ

○ふるさと納税をネットで申し込んだ場合、メールでの受理受付は1、2日で届く。
○自治体からの寄付金受領証明書(確定申告の時に必要、ワンストップでは不要)とワンストップ特例申請書(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)は1週間から2週間で届く。
○ワンストップ特例制度の受付書は書類返信後、年末年始を挟んだ場合年明け、1月下旬までには届く(受付書を送付しない自治体もあり)
○住民税の控除の確認はサラリーマンの場合5、6月に会社からもらう給与所得に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定通知書(新潟市の場合の名称)の税額控除額で確認できる。

美味しい海産物が年末に食べたい!という邪(よこしま)な理由でふるさと納税をしましたが、この制度が無ければ知らなかった自治体とちょっとした繋がりが出来て、縁もゆかりもなかった地域が身近に感じられました。自治体の広報紙を送って下さるところもあり、また次回も寄付をしようかなと思いました。

私が去年ふるさと納税をしたのは楽天市場のふるさと納税でした。楽天会員の方は使い勝手が良いと思います。

関連記事

ふるさと納税は確定申告必要?ワンストップ特例制度の流れは?年末調整で還付?
年末年始に食べる海産物はふるさと納税でと考えている方。楽天とかのネットでもやれるしやってみたいけど、確定申告ってしないとだめ?なんか面倒だなぁと思ってる方、いると思います。お礼の品は欲しいけど、その後 …

ふるさと納税ワンストップ特例制度についてのまとめ記事はこちら▽

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

プロフィール

こんにちは!Koredaです。

1女2男の母。自称Webデザイナー。気づいたことやってみて良かったこと、主に子育てネタや生活ネタの記事を書いています。
プロフィールページへ

医療費控除まとめ ふるさと納税まとめ

よく読まれている記事

よく読まれている記事
最近の投稿

カテゴリー

カテゴリー